米粉

米粉のカヌレ

こんにちは。
大豆とお米のお菓子なお部屋へようこそ。いづんみんです。

かなりお久しぶりの投稿になってしまいました。

今回は「米粉のカヌレ」をご紹介します。
寝かせる時間は必要ですが、実は簡単な「米粉のカヌレ」。

使用した型はテフロン加工なので、お手入れも簡単です。
製菓材料店や楽天、Cottaさん、富澤商店さんで購入できます。

今回使用した型です。楽天で購入しました。

カヌレ型 カヌレ上から

材料  テフロンのカヌレ型5個分
・米粉          50g  
・アーモンドミルク   200ml
・ココナッツオイル    10g
・グランマニエ、ラム酒、ブランデーなど    20g
・卵           M1個
・きび砂糖        50g
・バニラペーストやオイルなど  
・重曹        ほんの少しだけ

重曹をほんの少しだけ加えると、焼き色がきれいについて、気泡が安定します
ココナッツオイルは香りのないタイプを使用しています。好みで香りがあるタイプでもOK

作り方
鍋にアーモンドミルクとコアントロー、きび砂糖の半量(ラカントを使用する場合はラカント)、バニラペーストを加え、人肌に温めて冷ましておく。

カヌレ生地温める
いづみん
いづみん
我が家はアルコールが苦手なので、グランマニエに火を通してアルコールを飛ばしています。より香りを残したい方は卵液のほうに加えてください!

ボールに卵を割り入れほぐす。残りの砂糖を加えよく混ぜる。ココナッツオイルを加え再度しっかり混ぜる。
バニラオイルを使用する場合は、ここで加える。(グランマニエやラム酒もここでどうぞ)

米粉カヌレ卵液

ボールに冷ましておいたアーモンドミルクを少しずつ加え混ぜ合わせる。

しっかり混ざったら、米粉と重曹を加え全体を混ぜ合わせる。

ザルか漉しきで漉す。
(漉したほうが断然、なめらかになるため)

漉した生地にラップをピッチリかぶせる。

米粉カヌレ ラップかぶせました

時間があれば一晩冷蔵庫で寝かせる。短くても5時間はくらいは寝かる。
(生地がなじんで安定するため)

冷蔵庫から生地を出したら、少し常温に置いておく。

底に溜まった生地が、冷たすぎるときれいに混ざりません!

軽く常温に戻したら全体をしっかり混ぜ合わせ、再度濾す。

いづみん
いづみん
面倒ですがきれいに仕上がるので、漉してほしいです!

溶かしバターか、オイルを塗った型に均等に流し込む。

米粉カヌレ 生地を型に流し込みました

200℃に予熱したオーブンで60分ほど焼く。40~50分あたりで、焦げそうならアルミをかぶせる。

オーブンの温度は目安です。カヌレは高温で長時間焼きますので、やけどにご注意ください!

焼き上がったら、1個型から出してみて焼き色が薄ければ再度5分~追加で焼いてみてください。

米粉カヌレ焼けました
いづみん
いづみん
今回は半量をラカントS顆粒、半量をきび砂糖にしました。全量の置き換えは試したことがありません!

粗熱が取れたら召し上がれ♪翌日食べてもおいしいですよ!
中がカスタードのようなプリンのような…食感で風味も良いです。

カヌレカットしました

良かったら、食べ比べをしてみてくださいね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
心より感謝申し上げます。

使用している材料や型や道具をご紹介しています。
参考にしてくださいね。

不定期更新ですが、簡単に作れるパンレシピも試作していますので覗いてくださいませ。
またお待ちしていますね!

ABOUT ME
いづみん
こんにちは。管理人のいづみんです。 このブログでは米粉や大豆粉を使ったお菓子レシピをご紹介しています。 アイコンをタップしていただきますと、自己紹介ページに移動します。 ちょっと長いですが、よろしければお読みくださいね!