米粉

【発酵バター香る】昔ながらのマドレーヌ

こんにちは。大豆とお米のお菓子なお部屋へようこそ。
ご訪問ありがとうございます。
いづみんです。

今日のレシピは、香り高い発酵バターを使ったマドレーヌです。
発酵バターってあまりなじみがないでしょうか?

懐かしい昔ながらのマドレーヌのレシピにしてみました。
発酵バターがなければ、普通の無塩バターでも作れます♪

とても簡単なので一緒に作りましょう!(^^)!

レシピの下に発酵バターについて書いてあります。
お読みくださいませ。

昔ながらのマドレーヌ記事下

昔ながらのマドレーヌ

 

お花型

材料  上の写真のマドレーヌ形8個分くらい
発酵バター    100g
米粉        70g
コーンスターチ   10g
アーモンドプードル  20g
ベーキングパウダー   2g
きび糖        50g
はちみつ       20g
卵     M2こ
レモン   1/2個分(皮も使用)

下準備
卵を常温に戻しておく
型にグラシンを敷いておく

作り方
1.米粉・コーンスターチ・アーモンドプードルを一緒に測っておく
2.レモンの皮を削り、果汁を絞り、合計50gになるように水を加える
3.発酵バターを500Wのレンジで1分~溶かす。様子を見ながら追加。終わったらオーブンを170℃余熱開始

バターが爆発しないように注意!!

4.ボールに卵を割り入れ、きび糖・はちみつを測りながら加え、湯せんにかけながら溶かす
5.湯せんから外し、溶かした発酵バターを加えよく混ぜる
6.レモン汁と皮を加え、混ぜる
7.粉類を加え全体をよく混ぜ、最後にベーキングパウダーを加え、ムラがないように全体をよく混ぜる
8.グラシンを敷いた型に生地を流し入れ、170℃のオークション22分くらい焼く
9.つまようじでさしてみて、緩い生地がくっついてこなければ完成!
10.ケーキクーラーの上などで粗熱をとり、ラップで覆って乾燥を防止する

いづみん
いづみん
冷めたら召し上がれ♪

マドレーヌの作り方で生地を寝かせるものがあります。それはグルテンとベーキングパウダーの関係もあるようです。米粉にはグルテンがありませんので問題ないと思います。

焼く時、天板の上に網などを置くと空気の通り道ができて均等に焼けます。

天板
↑ こんな感じです。見えますか?

    昔ながらのマドレーヌ焼けました
    オーブンの温度と焼き時間は目安です。おうちのオーブンのクセに合わせてください。いろいろ作って行くと、何となく分かってきますよ!

    レモンの皮を削る時におすすめの道具はこちら
    レモンの皮おろし

    本来はスパイスを削る道具ですが、レモンの皮にも使えます。楽天やAmazon、製菓材料店などで購入できます。100均などで買えるすりおろし器でもOKです!

    昔ながらのマドレーヌ記事下
    いづみん
    いづみん
    型は何でもお好きなものをどうぞ。ペーパーでも、アルミでも、ホタテ型でも♪
    マドレーヌ型

    発酵バターは、作る過程で乳脂肪分に乳酸菌を加えて発酵させたものです。


    焼き菓子を食べたとき、バターのとてもいい香りがして
    おいしいな~、何かいつもと違うな~って感じたたことはないでしょうか。
    その香りの良さが発酵バターだったかもしれません。
    メーカーによって、国産、外国産でも香りの強さが違います。
    乳脂肪分や乳酸菌の種類、発酵させる時間や温度で変わってくるのでしょうね。

    どこに売っているの?


    楽天やAmazon・業務スーパー・製菓材料店です。
    スーパーやドラッグストアでは取り扱いがないと思います。
    業務用の450グラムが主軸のようです。

    今回の発酵バター香る昔ながらのマドレーヌ。
    発酵バターが手に入るようであればぜひ!(^^)!
    混ぜて焼くだけなので作ってみましょう♬

    今回も最後まで読んでくださったあなたに感謝申し上げます。
    ありがとうございます!

    ではまたお待ちしていますね。

    ABOUT ME
    いづみん
    こんにちは。管理人のいづみです。 このブログでは米粉や大豆粉を使ったお菓子レシピをご紹介しています。 アイコンをタップしていただきますと、自己紹介ページに移動します。 ちょっと長いですが、よろしければお読みくださいね!